(第3回)イロドリ畑PJ

第3回:ついに植える(2021.05月)

新潟の魅力を企画・発信する「新潟イロドリプラス」
フリーアナウンサーでありファーマー「遠藤洋次郎」

「新潟イロドリプラス:メンバー2名」「農業指導:遠藤洋次郎氏」計3名でイロドリ畑プロジェクト進行しました。

・植える野菜について
・作業内容について
・次回のスケジュールについて


実践作業開始/植える野菜とは

さて、今回のプロジェクトで植える野菜。都度プロジェクトで検討してきましたが決定いたしました。

さつまいもです!

さつもいもの中でも、2種類準備しました。

「安納いも」と「紅はるか」です。

この1本の苗が「5~6本」の ” さつまいも ” になるとのこと。そんなに上手いこといくのか、初心者メンバーは不安と期待でいっぱいです。

さて、さっそく植えていこう!と思いきや、その前に必要な準備が。

☆マルチ張り☆です。

それは、なんでしょうか?

畑でよく見る「黒いビニール」。見たことありませんか?

このビニール、正式名称「マルチシート」です。

日光が当たらないようにして、雑草が生い茂るのを防いだり、温度を上昇させて作物の成長を助けるという効果があるそうです。家庭菜園レベルの小さな畑であればなくても、面倒をみていけますが、広い畑になると雑草対策も大変です。
そのために「マルチシート」を活用するそうです。

これを張る作業が「マルチ張り」。
さっさっとビニールをかぶせて、苗を植えたい!

無事育った「さつまいも」の将来の姿が脳裏に浮かびます。

そんなとき、遠藤洋次郎氏の「ちょっと待った!」。

GWに降った雨が乾き、土が乾燥しているとのこと。
よく土地を見ると、あれ?

先月起こした土が、耕やす前の状態になっていました。
これを再度、耕しなおす必要があるとのこと。

また1からの作業、でもまだ始まったばかり。全然へっちゃらです!

今日の作業は全部で4棟。まずは、1棟ずつ土を起こし、マルチ張りを始めます。

マルチシートを固定する

マルチシートは、土の中に埋めて固定します。
事前に、畝(うね)を少し高く作り、その周りに溝を掘っておきます。この堀っておいた外側の土をシートのサイドに被せていきます。

文章にすると難しいのですが、要は「シート」が飛んでいかないように、外側に重しとして土を被せていく必要があります。

一人がシートを引っ張って伸ばしていきます。
空気が入らないように気を付けながら。

そして、他の2人が、シートの両サイドに立ち、シートを踏みつけながら、土を被せていきます。

少しずつ、少しずつ、シートを伸ばしては、土を被せる。地道な作業ですが、孤独ではありません。3人での作業は楽しく、陽気に進めていきます。

土の被せが甘かったところを、後から足していく余裕も、この段階ではありました。

1ブロック(棟)完成!

続いて、次のブロックの土を起こす作業に移ります。

2ブロック目までは楽勝でしたが、3ブロック目からは

もうだめです。

腰に激痛がはしり、真っ直ぐに立てません。

熱中症にも気を付けながら、十分に休憩を取りながら作業を進めていき、ついに本日の目標4ブロック目の完成です。


ようやく本日の課題、苗を植える作業を開始します。

マルチシートに穴をあけて、その間から「竹棒」を土に斜めに突き刺します。

穴の開いた土の隙間に、苗の先っぽを斜めに突き刺し植えていきます。

これで完成。

野菜の成長を妨げない程の間隔を取って植えていくということで、30cm程度の感覚で、同じくシートに穴をあけて植えていきます。

実に地道な作業。
また腰に激痛が走りますが、途中で投げ出すことはできません。

そして、ついに全てのブロックに苗を植えおわりました。


2ブロック「安納いも」。2ブロック「紅はるか」。

畑を見ると、残り2ブロック、まだ耕し植えるスペースがありました。
せっかくのスペースなので、また後日、違うさつまいもの種類を植えてはどうか、遠藤洋次郎氏からご提案をいただきました。

うまく育てば、全部で1000本近いさつまいもが出来上がる計算になります。本数が多いほど、色んな試みでプロジェクトを盛上げて行けますので、勿論「植えましょう!」と即答しました。

ですが、体はボロボロです。
日頃の運動不足がここにきて祟ります。
途中で倒れそうになりましたが、達成感は何とも言い知れず。
楽しいだけじゃない、過酷な農業の片鱗を体験することができ、次回のミッションに少し臆しながらも、初体験に胸が躍る一日でした。

続きはこちらから
(第4回:また植える(2021.続05月)へ)


【バックナンバー】
第1回:大地に触れる(2021.03月)
第2回:設置する看板(2021.04月)
第3回:ついに植える(2021.05月)
第4回:また植える(2021.続05月)
第5回:そして見守る(2021.06月)